【アフィリエイトの記事テンプレート】構成〜書き方を1から解説!

 

 

『何を書けばいいかわからない』

 

 

『どうやって書けばいいかわからない』

 

 

『途中で手が止まってしまう』

 

 

今回は、こういった悩みに答えていきます。

 

 

アフィリエイトで記事の書き方に悩みだすと、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。

 

 

実は、テンプレートを使ってしまえば、わかりやすい文章がすらすらと書けるようになります。

 

 

これは、月収100万以上のトップアフィリエイターたちが実際に使っている記事の書き方です。

 

 

この記事では、アフィリエイトのテンプレート、構成や書き方、そして収益につながるライティングについても解説していきます。

 

 

記事を読んで実際に試してみると、以前よりはるかに文章が書きやすくなり、読者の反応が変わることに気付くはずです。

 

 

 

 

アフィリエイトで記事を書く前にやるべきこと

 

 

アフィリエイトで記事を書く前に完了させておくことは以下です。

 

 

  1. 売りたい商品を決める
  2. ブログのテーマを決める
  3. ブログのターゲットを決める

 

 

ブログの方針が決まっていない状態では、記事に一貫性がなくなるので、ここまでを完了させてから記事作成を行ってくださいね。

 

 

アフィリエイトの記事ではどんなことを書くのか

 

 

アフィリエイトの記事ではあなたが売りたい商品を欲しがっている人にとって役に立つ記事を書いていきます。

 

 

ブログの記事は読者に信用してもらうことが目的です。

 

 

『読者は何を求めているのか』

 

 

『それはそうすれば解決できるのか』

 

 

『解決した後どうなりたいのか』

 

 

常に読者の心に寄り添って文章を書くことが大事なんですね。

 

 

読者にとって有益だと感じてもらい、共感されるような記事を書いてくださいね。

 

 

ライティングの基礎

 

 

何事にも基礎があるようにライティングにも基礎があります。

 

 

  • 小学校5年生でもわかる文章
  • 読者の心に寄り添い続ける文章
  • 過去の自分に向けて書く文章

 

 

小学校5年生でもわかる文章

 

 

記事はとにかくわかりやすい文章にします。

 

 

なぜなら、せっかく内容がよくても文章が読みづらい場合、途中で離脱されてしまうからです。

 

 

読者は読むことにストレスを感じた途端にページを閉じてしまうんですね。

 

 

特に初心者の頃は、論文のようなかっこいい文章を書こうとしてしまいがちですがその必要はありません。

 

 

小学5年生でもわかるような文章の方が離脱せずに最後まで読まれます。

 

 

読者の心に寄り添い続ける文章

 

 

アフィリエイトで書く文章は常に読者ファーストを心がけましょう。

 

 

僕たちは文章だけで、読者に共感・信用してもらい、商品を買ってもらいます。

 

 

読者の存在を無視して自分の書きたいことばかり書いていては、誰も読んではくれませんよね?

 

 

読者の心に寄り添い、悩みを解決したり、有益だと感じてもらえる記事を書くことが重要です。

 

 

過去の自分に向けて書く文章

 

 

記事では過去の自分や家族に向けるような気持ちで書くと、共感・信用が得られる文章になります。

 

 

自分勝手に書いた文章ではどうしても上から目線になってしまったり、ガツガツした感じが出てしまいます。

 

 

家族や友人や恋人に向けて書くと、より相手の気持ちになれたり暖かみのある文章が書けますよね。

 

 

『とにかくあなたの役に立ちたい』

 

 

そんな気持ちで言葉を綴っていけば、自然と共感・信用が生まれる文章になります。

 

 

 

 

アフィリエイトの記事構成と手順

 

 

それでは、記事の構成と手順を解説していきます。

 

 

  1. キーワード選定
  2. ペルソナ設定
  3. タイトル決め
  4. ディスクリプション作成
  5. 記事本文作成

 

 

記事はこの手順で作成していきます。

 

 

もう少し詳しく解説しますね。

 

 

キーワード選定

 

 

まずはキーワード選定から行います。

 

 

キーワード選定はSEO的にも重要なので確実に行ってくださいね。

 

 

適当に思いついたキーワードで書くと後で痛い目に遭います。

 

 

 

 

ペルソナ設定

 

 

ペルソナとはターゲットをより細かく限定した人物モデルと理解してください。

 

 

キーワードから連想されるペルソナを設定します。

 

 

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 生活スタイル
  • 思想
  • 趣味

 

 

このように細かく限定して、

 

 

『あなたのために言っていますよー!』

 

 

くらいまで絞ってください。

 

 

ペルソナを設定することで読者は、

 

 

『これは自分のために言っているんだ』

 

 

と感じ、共感してくれるようになります。

 

 

限定しすぎると、集客の幅が狭まると思われがちですが、逆なんですね。

 

 

多くの人に届けようとすると、結局誰の心にも刺さらない当たり障りのない文章になってしまいます。

 

 

タイトル決め

 

 

次は、タイトルを決めます。
(この時点ではなんとなくでもいいです)

 

 

タイトルは、読者が記事を読むか読まないかの、ファーストコンタクトとなります。

 

 

思わず読みたくなるような興味を引くタイトルにしてくださいね。

 

 

ポイント

  • キーワードを必ず入れる
  • 記事を読まないと損だと思わせる
  • 読んだ後の未来をイメージさせる

 

 

ディスクリプション作成

 

 

ディスクリプションとは検索結果の下に表示される記事の説明文のことです。

 

 

ディスクリプションにも、キーワードを入れることでSEO対策が期待できます。

 

 

タイトルに入らなかったキーワードを適切に散りばめることで、タイトルのキーワード以外でも検索結果に表示させることができるんですね。

 

 

読者の期待感を高める文章とキーワードを意識して書いてくださいね。

 

 

記事本文作成

 

 

これで、ようやく記事本文の作成に入ります。

 

 

記事本文については次の項で詳しく解説していきます。

 

 

記事本文の構成、テンプレート、書き方

 

 

記事本文は、冒頭文と目次と本文で構成されています。

 

 

僕の記事を見てもらえるとわかりますが、レイアウトとしては、

 

 

冒頭文→目次→本文となっています。

 

 

それでは、記事本文の作成手順を解説していきますね。

 

 

  1. 目次
  2. 冒頭文
  3. 本文

 

 

目次と冒頭文の順番は逆になってもいいと思います。

 

 

僕の場合は、書きたい内容を目次にして全体観をつかんでからの方が冒頭文を書きやすいのでこの順番にしています。

 

 

では、それぞれの項目を詳しく解説していきますね。

 

 

目次

 

 

まず目次を決めます。

 

 

目次は本文の内容になりますので、読者が知りたいこと(検索意図)をあぶり出します。

 

 

方法としては、ライバル調査です。

 

 

実際に狙うキーワードで検索して上位表示された記事の内容を見ていきます。

 

 

タイトル、ディスクリプション、冒頭文、目次、本文。

 

 

これらの内容を一つずつ分析していきます。

 

 

そして、上位表示されている記事を超える内容を書いていきましょう。

 

 

しかし、キーワード選定の時点で勝てないと判断したら、辞めるのも手です。

 

 

検索意図をあぶり出したら、あとは読者がわかりやすい順番に整理します。

 

 

これで目次の完成ですね。

 

 

冒頭文

 

 

冒頭文はテンプレートを使って書いていきます。

 

 

  1. 読者の悩みを明確にする(〜で悩んでいませんか?)
  2. 悩みに共感する(〜ですよね)
  3. 解決できることを伝える(〜で解決できます)
  4. 解決できる根拠を解説(〜だからです)
  5. 記事の概要を伝える(この記事では〜)
  6. 読んだ後の未来を伝える(読んだ後は〜)

 

 

冒頭文は、読者が記事を最後まで読んでくれるか、すぐにページを閉じるかの分かれ道です。

 

 

続きを読みたいと思ってもらえるように、続きが気になるような文章を書いてくださいね。

 

 

本文

 

 

本文は、先ほど作った目次に肉付けしていく形で文章を書いていきます。

 

 

本文もテンプレートを使うと早く、わかりやすく書けますよ。

 

 

  • 結論(〜です)
  • 理由(〜だからです)
  • 具体例(例えば〜です)
  • 結論(〜ですね)

 

 

目次の中身をこの型に沿って繰り返していきます。

 

 

本文も読者が飽きないよう、興味を持ってもらえるように書くことがポイントです。

 

 

必ずしもテンプレート通りではなく、共感や信用してもらえるように、価値観や思想を語ったり、ストーリー調で書くのもいいです。

 

 

そして、記事の途中や最後に内部をリンクを貼ったり、さりげなくキャッシュポイントを置くことがポイントです。

 

 

読者が記事を読んだ後に、何らかの行動を起こせるように導線を整えてくださいね。

 

 

読者が読みたくなる記事とは

 

 

記事は、読者に読み進めてもらい、こちらが望む行動をしてもらうことが目的です。

 

 

  • 思わず読みたくなるタイトル
  • 読み進めたくなる冒頭文
  • 本文が有益であること

 

 

ポイントはこの3つです。

 

 

思わず読みたくなるタイトル

 

 

タイトルは、記事と読者とのファーストコンタクトです。

 

 

思わずクリックしてしまうようなキャッチーなタイトルにしてくださいね。

 

 

読み進めたくなる冒頭文

 

 

タイトルをクリックしてもらったら、次は記事を最後まで読み進めてもらう必要があります。

 

 

読者は冒頭文で興味が湧かなければ、すぐにページを閉じてしまいます。

 

 

テンプレートを使い、本文を読みたいと思うような冒頭文にしてくださいね。

 

 

本文が有益であること

 

 

記事を読み進めてもらえたら、次は本文の質が問われます。

 

 

読者は悩みを解決するために、記事を読んでいるんですね。

 

 

少しでも、

 

 

『この記事は役に立たないな』

 

 

『自分には関係ないな』

 

 

と思われれば、読者は一瞬で離脱してしまいます。

 

 

常に読者ファーストを心がけて、とにかくターゲットの役に立つことを意識して文章を書いてくださいね。

 

 

あとは共感してもらうために、思想や価値観を随所に挟むとファン化が進みますよ。

 

 

ライティングど素人だった僕が稼ぐまでに学んだ書籍
ライティングに役立つおすすめの本を総まとめ【優良書籍を厳選】

 

 

あとがき

 

 

アフィリエイト初心者にとってはブログ記事のような長文を書くのは至難の業ですよね。

 

 

僕も初心者の頃は、1記事書くのに6時間、下手すると丸1日かかることもありました。

 

 

時間がかかってしまうは文章の書き方がわからないからなんですね。

 

 

悩みだすと時間はあっと言う間に過ぎてしまいます。

 

 

しかし、わかってしまえば早いんです。

 

 

今回、解説した構成やテンプレートを使えば、悩まずにすらすら書けるようになるはずです。

 

 

記事を読み終えたらすぐに記事を書いてみてくださいね。

 

 

インプットしたらすぐにアウトプットする。

 

 

これがいち早く成長するコツですよ。

 

 

初心者がアフィリエイトで稼ぐまでを1から解説する無料メール講座
今だけ電子書籍(本当の自由を手に入れる本)が今すぐ無料で読めます。

 

 

 

 

 

 

自分の力で稼ぎ自由になる方法が7日でわかる無料メール講座

無料メール講座とプレゼントを受け取るアドレスをご入力ください。

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。
このページの先頭へ戻る